「超福祉の学校」とは

障害の有無をこえて 共に学び、つくる共生社会フォーラム

障害の有無にかかわらず、共に学び生きる共生社会の実現を目指し、NPO法人ピープルデザイン研究所と文部科学省の共催で、2018年より実施してるフォーラムイベント、「超福祉の学校」。
毎年、「超福祉展」(※1) 期間中の土日の2日間で、障害のある人、支援者、教育関係者等がシンポジウムやトークセッションを通じて思いを発表し、学びあう場を提供してきました。
2021年からは弊社主催、文部科学省、渋谷区を共催で、タイトルを「超福祉の学校@SHIBUYA」とし、”after超福祉展”企画のひとつとして引き続き展開していきます。

※1

超福祉展とは

超福祉展、正式名称は「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」。
2012年に表参道・BA-TSU ART GALLERYや青山・国際連合大学前広場などで、
従来の福祉を超えた機器の展示やパラスポーツ体験などを実施したことをきっかけに、
2013年の東京国体でのコラボ開催を経て、2014年から正式スタート。
2020年に渋谷の街が、”超福祉” (※2) の日常になることを目指し、
渋谷ヒカリエ8F「8/」をメイン会場に、渋谷キャスト、ハチ公前広場、みやした公園等で、
「展示」や「シンポジウム」、「ワークショップ」、「コンペティション」などの
様々なコンテンツを展開してきました。
2014年から2020年までの全7回の開催で、累計来場者数は31万人、参画企業数は448企業、
1300を超えるメディアに取り上げられ、渋谷を代表するイベントとなりました。

これまでの超福祉展 WEB