全国の取組事例

トリセツプロジェクト

トリセツプログラムは、障害の有無を超えて、全国から「自分の取扱説明書をつくりたい」という人が集まり、連続したワークショップを通して、自分だけの好き、嫌い、ワクワクなどの、あらゆる感情を深堀することで自分軸を見つけ、自己実現の一歩を踏み出してもらうことをゴールとした取り組みを行っています。

トリセツワークショップ受講者感想

  • たまお ひろこ

    多児・低体重児・年子サークル(渋谷Fu.C.T)代表

    国際会計事務所で採用担当やアカウントサポート等を経験。在職中にカウンセラー養成学校で潜在意識をみる面白さに魅せられ現在はカウンセラーとして活動。

  • 信田 雄一郎

    「学校教育の中で夢を語ってほしくない」と現場で言われ発起した熱き元中学教諭。現在はメンタルコーチとして活躍中。

  • 樗木 次男

    古き時代の特別支援のスタイルを知る車椅子ユーザー。プロジェクトの相談役。

  • 横溝 知美

    難病心疾患持ちで微不登校学生歴あり、今は大手通信企業で多様な働き方推進人を務める。

  • 高橋 未宇

    車いすユーザーである自らの経験を生かして福祉と防災を軸に活動。インクルーシブ教育と障がい者の社会参加の促進と、事前に備えて生き抜く防災を目指す。

  • 正木 梨乃夏

    「就活前に自分の取扱いを知りたい!」とWSに参加。まちづくりや中高生育成にも携わる活動的な面と、同じ悩める人として等身大で人と関わって行きたいという繊細な面が活きる、直感と感性を大切に生きる女子大生。

トリセツプロジェクトHP

トリセツプロジェクトnote